「足裏」タグアーカイブ

ルルベのこと①

今日のテーマは
「ルルベ」

もっと高いルルベができるようになりたい。
そう思っている大人バレエの方でも
遅すぎるということはありません。

高いルルベを目指す前に、
ちょっと視点を変えて考えてみましょう。

「なぜ高いルルベが良いのか」
考えたことありますか?
見た目が美しいから
それだけではないのです。

「骨格の構造上、
高いルルベにしたほうが
少ないエネルギーで立てるから」

では、実際にためしてみましょう。

実験Ⅰ

①低いルルベをしてみましょう。

②1番ポジション、
もしくは
6番ポジション(パラレル)のアテール。
そこから両足のかかとを床から2cm引き上げます。

③ バランスをとってみましょう。

④ どこに力が入っているか、感じてみよう。

どうですか
バランスはとれましたか?
足首が固定されず、
グラグラしませんでしたか?
低いルルベというのは、
足裏、足首、アキレス腱、ふくらはぎ、すねの筋肉が
総動員で使われているのが分かりましたか?

低いルルベは
足裏・足首やふくらはぎの筋肉を鍛えるのには良いのですが、
踊るには体力の消耗が激しするのです。

対して高いルルベというのは、
‘積み木をまっすぐ積み重ねることと同じで、周りの支えがなくても安定する’状態のことを指します。

足の構造力学上
‘立ちきる’ことが
最小限の筋力で済むし、
なにより安定するからなのです。
これがバレエにおいて‘高いルルベ’を指導する目的です。

高いルルベができた!と
安心・油断してしまうと、
すかさず先生に「引き上げ!!」と喝が入るので
股関節に上体が乗っかっているだけにならないように気をつけましょうね。

次回は「立ちきる高いルルベを目指す」。